TOP


NEMU


メール




ホオアカ

他の画像を参照する

スズメ目ホオジロ科
鳴き声:チョッチチリンジュ
時期:寒地 123456789101112月
時期:暖地 123456789101112
北海道〜九州で留鳥(漂鳥)
初夏から秋、北海道〜東北地方では、主に牧場や低地の草原で繁殖し、関東から九州では山地の高原で局地的に繁殖する。秋冬には暖地の水田地帯や川原の草地などへ移動して越冬する。
草むらのなかで種子を食べていることが多い。繁殖期は昆虫を多く食べる。
頬と耳羽が赤いのが特徴。胸から腹はホオジロより白く脇に黒斑がある。雄の夏羽は、頬と耳羽以外の頭〜背は青灰色で、黒い縦斑がある。冬羽は額から後頸が灰黄褐色になる。雌は雄よりも全体的に灰色みが薄い。